1951 Volkswagen Type 1 Split Sedan|1951 フォルクスワーゲン タイプワン スプリット セダン


モデル概要
ドイツ語で「大衆車」を意味するフォルクスワーゲン(以下VW)は、1933年ドイツの「国民車構想」によってその歴史がスタートした。よく知られているのは、権力の座について間もないアドルフ・ヒトラーが、フェルディナント・ポルシェに計画を依頼したことだ。設計を打診されたポルシェ博士は1936年にプロトタイプ1号車を披露、翌年には自動車工場の建設が始まった。しかし、第二次世界大戦が勃発し、量産化の計画は頓挫した。連合国軍の管理下に置かれたVWの工場は1945年に生産を開始し、1947年に2万台の車両を生み出した。タイプ1と呼ばれる空冷エンジンのビートルはRR(リアエンジン・リアホイールドライブ)方式によって広い室内が確保され、小型車ながら100㎞/h走行を可能とし、さらに燃費の良さも併せ持つなど世界で受け入れられる条件が整っていた。その後、1947年には輸出を開始、1949年にはアメリカ進出を果たした。歴史の長いビートルにおいて、初期モデルとなるのが1953年型迄で、最大の特徴でもある2分割タイプのリアウィンドウにより「スプリット」という愛称で呼ばれる。ここ数年、希少価値が驚異的に上昇し、もはや大衆車ではなくなってしまったが、親近感を覚える愛くるしい姿は魅力に満ち溢れ、今なお多くのファンを魅了している。

個体概要
ここに紹介するタイプ1は、1951年2月に製造されたヨーロピアンDXモデル。ベルギーからやってきたスプリットウィンドウだ。そのアピランスは、新車と見紛うばかりの輝きを放つ。フードやフェンダーなどボディパーツの全てに貴重なVW純正品が装備され、外装は1951年3月迄に採用された純正カラーであるL-70ミディアムブラウンで新たにペイントされた。さらに、GERMAN HELLA製フルーテッドヘッドライトレンズ(通称、涙目)や、Bピラーに装備されたリブ付きセマフォー、5LUG 16インチのスチールホイールなど、マニア垂涎のVW純正アイテムが備わっている。インテリアにはP71ベージュのGERMANクロスを採用、最高級素材のGERMANスクウェアウィーブのフロアカーペットと相まって上品な仕上がりが見て取れる。ステアリングホイールやスピードメーターなどすべて由緒正しきアイテムが揃っており、オリジナル派にとっては非の打ち所がない一台といえよう。一方、1131㏄のエンジンにはこの型式特有の形状となるMANN“T”スタイルのエアクリーナーやBOSCH製383ディストリビューター、スターコイルなどが装備され、純血らしさを失うことなくオリジナルの状態をキープする。VWの歴史を象徴する名車だけに、伝統の重みが感じられる一台だ。

About this model
The history of “Volkswagen”, which means “the people’s car” in German, began in 1933 with the German government’s vision of a “national car.” It’s well known that Hitler, who came to power soon after, asked Ferdinand Porsche to design the car. Mr. Porsche came up with the design and debuted the first prototype in 1936. Construction on the manufacturing plant began the following year. But with the outbreak of World War II, plans for mass production were shelved. After the war, Volkswagen was put under allied management, and its plants began production in 1945. In 1947, 20,000 vehicles were produced. The Beetle, officially the Volkswagen Type 1, had an air-cooled engine. Thanks to its RR (rear-engine, rear-wheel drive) layout, it had a roomy interior and could reach speeds of 100km/h despite its small size. It was also fuel efficient. These were all qualities that the world was looking for in a car, and exports began in 1947. The Beetle reached America in 1949. In the long history of the Beetle, models released until 1953 are considered early models. The most distinguishing feature of these models is the bisected rear window, which gave it the nickname “split.” Due to its scarcity, the price of these vehicles has shot up dramatically in recent years, so it might be hard to call them the people’s car, but its familiar, well-loved shape has an appeal that still attracts many fans.

About this vehicle
The Type 1 introduced here is a European DX model made in February 1951. It is a split window, and came form Belgium. The sparkling appearance is so brilliant that it could be mistaken for a new car. All of the body parts, from the fenders, hood to bumpers, are genuine VW parts, and the exterior was repainted with in the genuine L70 medium brown color, which was used until March 1951. Such details as the fluted headlight lenses made by German Hella, the ribbed semaphore signals on the B pillar, and the 5-lug, 16-inch steel German wheels are enough to make a VW fanatic’s object of envy. Classy touches, including P71 beige German cloth and highest-quality German square weave floor carpet make for an enchanting interior. The steering wheel, speedometer, and other items are all genuine VW. For original-condition enthusiasts, this is just the vehicle. The 1131 cc engine is equipped with the Mann T-style air filter characteristic of this model, as well as a Bosch 383 distributor and star coil. The original configuration has also been preserved without compromising any of its purity. A famous car symbolizing the history of Volkswagen, this vehicle is the very embodiment of tradition.

Contact_FLAT4
Photo_Kosuke ARAI 新井康介
Text_Remi KOHARA 小原れみ

1951 Volkswagen Type 1 Split Sedan|1951 フォルクスワーゲン タイプワン スプリット セダン
Production 1951
Brand Volkswagen
Model TYPE1 Sedan
Engine 1.1L
Number of cylinders 4
Power 25hp
Length 4050mm
Width 1540mm
Height 1550mm
Wheelbase 2400mm
Drive Rear
Weight 730kg
Tire size(F) 5.00×16
Tire size(R) 5.00×16
Price 7,980,000yen (without tax)
Contact FLAT4

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.


1962 Jaguar E-Type Series1|1962 ジャガー Eタイプ シリーズ1

1959 Volkswagen Type1 Karmann Ghia|1959 フォルクスワーゲン タイプワン カルマンギア

関連記事

  1. 1964 BMW 3200CS|1964 ビーエムダブリュー 3…

    モデル概要第二次世界大戦後のBMW は自動車産業への本格転換を迫られていた。時代を見据え急ピッチ…

  2. 1967 Mercedes-Benz 250SEC|1967 メ…

    モデル概要1959年から1971年まで生産された通称"フィンテール"と呼ばれるW111/W112…

  3. 1972 Porsche 911T Targa|1972 ポルシ…

    モデル概要通称〝ナロー〟と呼ばれるスマートなボディをもつ911シリーズは、1972年モデルからエ…

  4. 1970 Mercedes-Benz 280SL|1970 メル…

    モデル概要W113型メルセデス・ベンツSLは、190SLの後継モデルとして1963年に誕生。フラ…

  5. 1954 Volkswagen Type1 Sedan|1954…

    モデル概要フォルクスワーゲン・タイプⅠの壮大な構想を現実化するために動き出した1930年代当時、…

  6. 1959 Volkswagen Type1 Karmann Gh…

    モデル概要フォクルスワーゲン・カルマンギアは、タイプ1をベースに誕生したスポーツカーである。イタ…

  7. 1971 Porsche 911E Targa|1971 ポルシ…

    モデル概要1963年に始まったポルシェ911シリーズの長い歴史は1973年モデルをもって大きな区…

  8. 1958 Volkswagen Type1 Sedan|1958…

    モデル概要質実剛健な大衆車として誕生したフォルクスワーゲン・タイプ1。実用車から趣味性の高い車両…

PAGE TOP