1954 Volkswagen Type1 Sedan|1954フォルクスワーゲン タイプワン セダン


モデル概要
フォルクスワーゲン・タイプⅠの壮大な構想を現実化するために動き出した1930年代当時、ドイツのみならずイタリアやアメリカなどの車両は木骨ボディが一般的だった。ところがタイプ1のプロジェクトでは耐久性や量産性を考慮し、最初から全プレス鋼板ボディを採用する計画を進めていた。そうした努力の甲斐あって、軽量で空気抵抗の少ない流線型のボディが誕生、完成度の高いプロダクツを製品化させていったのだ。長い歴史を誇るビートルゆえに多少のモデルチェンジは繰り返されてきたが、「独立フェンダーの丸みのあるボディ」というベーシックなデザインモチーフは初代モデルから変わることなく、そのキュートなアピアランスは多くの人々を魅了してきた。初代モデルは、その丸みのあるボディに合わせリアには2分割タイプのスプリットウィンドウが起用された。ところが視認性が悪いという意見が多かったため、1953年より楕円形タイプのオーバルウインドゥを採用、通称「オーバル」というニックネームで親しまれてきた。だがひと言で「オーバル」といっても細部においてデザイン形状の相違がみられる。VW好きなら純正度の高い車両を求めるは自然な流れ、そうした細部の違いを把握するマニアも少なくない。

個体概要
オーバルウィンドウ時代の前期は1955年型まで。特徴的なのは「ハートテール」と呼ばれるテールライトやセマフォー、ドア内側のプレスラインやドアハンドルの形状など細部におよぶ。ここに紹介する1954年タイプ1は、ボブコーポレーションによる年式に拘った徹底的なレストアを施し、完成を迎えたばかりのオーバル前期車両である。ベース車はかなり昔にアメリカから日本にやってきたもので、キャルルック全盛時代だったにもかかわらずオリジナルを保っていたため、新車当時のスタイルに戻そうという決断を下した。欠品パーツは新たに調達し、徹底的にレストアを開始。シャシーと同時に機関面の作業も行われ、1200ccのスタンドエンジンをリビルトし、オーセンティックなビジュアルを損なうことなくジェネレーターを12ボルト用に交換、走行性を考慮した電装系の12ボルト化も敢行された。幸いにしてそれほど劣化していなかったボディは、大掛かりなメタルワークを施すことなく純正ボディを生かした緻密な修正が施され、VW純正色のストラトシルバーでニューペイント。唯一、別年式のシートだったものをマッチングさせ、誂えたWest Cost Classicsによるシートカバーも相まって新車と見紛うほどの一台に変貌を遂げた。

About this model
When the idea for the Volkswagen Type 1 was being turned into a reality in the 1930s, wooden body frames were still the norm not only in Germany but also in Italy, America and elsewhere. But the Type 1 project, eyeing durability and mass production, based its plans on using a pressed steel body from the outset. That effort paid off, as it produced a light, streamlined body with low air resistance. It also made it easier to mass-produce cars with a high level of precision. Pride in its long history means the Beetle went through relatively few model changes. The basic design motif “a rounded body with distinct fenders” was unchanged from the first model, and that cute appearance has charmed many people. The first model featured a split rear window that fit with the rounded body. Because of widespread criticism about its bad visibility, the window was changed to an oval type in 1953, and this model was nicknamed “the Oval”. That one word alone conveys a multitude of subtle design differences. For VW lovers, it is only natural to want a truly genuine vehicle, and there are more than a few enthusiasts who understand all of these subtle differences.

About this vehicle
The first period of the oval window era lasted until the 1955 version. Its distinctive characteristics include such details as the so-called “heart tail” tail lights, semaphores, swage line inside the door and door handles. The1954 Type 1 introduced here is an early-era Oval that has just been thoroughly restored by Bob Corporation, with close attention paid to the model year. The base car came to Japan from America quite a long time ago, so even though it was the golden age of the “California look,” it was still in its original state. The decision was thus made to restore it to the condition and style it was in when it was new. Missing parts were newly supplied and restoration began from the ground up. The engine was repaired at the same time as the chassis. The 1200cc stand engine was rebuilt, and the generator replaced with 12-volt versions (without sacrificing the vehicle’s authentic appearance). With an eye toward drivability, the wiring was converted to 12-volt, too. Happily, the body was not so degraded body, so it did not need heavy metal work. A bit of delicate repair brought out the authentic body, and it was repainted using official VW paint in strut silver.The seats are the only part from a different year, but West Coast Classics provided a matching seat cover, completing the car’s transformation so that now it could be mistaken for a new car.

Contact_BOB Corporation
Photo_Kosuke ARAI 新井康介
Text_Remi KOHARA 小原れみ

1954 Volkswagen Type 1 Sedan|1954フォルクスワーゲン タイプワン セダン
Production 1954
Brand Volkswagen
Model TYPE1 Sedan
Engine 1.2L
Number of cylinders 4
Power 36hp
Length 4070mm
Width 1540mm
Height 1500mm
Wheelbase 2405mm
Drive Rear
Weight 720kg
Tire size(F) 5.60×15
Tire size(R) 5.60×15
Price 4,980,000 yen (without tax)
Contact BOB Corporation

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.


1970 Mercedes-Benz 280SL|1970 メルセデスベンツ 280SL

1967 Mercedes-Benz 250SEC|1967 メルセデスベンツ 250SEC

関連記事

  1. 1959 Volkswagen Type1 Karmann Gh…

    モデル概要フォクルスワーゲン・カルマンギアは、タイプ1をベースに誕生したスポーツカーである。イタ…

  2. 1964 BMW 3200CS|1964 ビーエムダブリュー 3…

    モデル概要第二次世界大戦後のBMW は自動車産業への本格転換を迫られていた。時代を見据え急ピッチ…

  3. 1951 Volkswagen Type 1 Split Sed…

    モデル概要ドイツ語で「大衆車」を意味するフォルクスワーゲン(以下VW)は、1933年ドイツの「国…

  4. 1971 Porsche 911E Targa|1971 ポルシ…

    モデル概要1963年に始まったポルシェ911シリーズの長い歴史は1973年モデルをもって大きな区…

  5. 1972 BMW 2002 tii|1972 ビーエムダブリュー…

    モデル概要通称“マルニ”と呼ばれ親しまれるBMW2002は、第二次世界大戦後のBMWが新たなスタ…

  6. 1972 Porsche 911T Targa|1972 ポルシ…

    モデル概要通称〝ナロー〟と呼ばれるスマートなボディをもつ911シリーズは、1972年モデルからエ…

  7. 1967 Mercedes-Benz 250SEC|1967 メ…

    モデル概要1959年から1971年まで生産された通称"フィンテール"と呼ばれるW111/W112…

  8. 1970 Mercedes-Benz 280SL|1970 メル…

    モデル概要W113型メルセデス・ベンツSLは、190SLの後継モデルとして1963年に誕生。フラ…

PAGE TOP