1957 Land Rover Series1|1957 ランドローバー シリーズ1


モデル概要
1904年に最初の4輪自動車を開発し順調に事業を発展させてきたローバーだったが、第二次世界大戦後に大きな転換期を迎える。英国政府は外貨を稼ぎ財政を立て直す方針を打ち出し、輸出産業を中心に不足していた鉄鋼を供給する大号令を発したのである。当時のローバーはラインナップに乗用車しかもたず、また、国内販売しか手掛けていなかった。そこで社運を賭け考案されたのがランドローバーである。ヒントは戦後にその役目を終えた多くのジープだった。日常の足から軽トラック、あるいはトラクターの代わりにジープが活躍していたのである。こうした多目的車としてランドローバー初代モデルは1948年に誕生した。手持ちの1.6L直4ガソリンエンジンと4WDを組み合わせ、フレームに軟鉄、ボディは航空機用として国内に余剰在庫があったアルミを使用。軽くて機動力がありデビューから瞬く間に人気を博した。1952年に2Lエンジンを搭載。1954年には80インチだったホイールベースを86インチ(1956年に88インチ)に伸ばし、またボディタイプに5ドアを追加(こちらは107インチ)。1957年には2L直4 ディーゼルエンジンを追加する。以上が分類上、シリーズ1と呼ばれるモデルであり、1958年にシリーズ2、1968年にシリーズ3へと発展した。

個体概要
ランドローバーのなかでもシリーズ1は、1948年の誕生から1958年にブリティッシュ・レイランド傘下となる以前の生粋のローバーである。当個体は1957年式のシリーズ1最終モデルで2005年頃英国より個人輸入された。2ドアピックアップの最終モデルの大きな魅力は、初期モデルの素朴さと現在にも通じる適応力ではないだろうか。1.6Lの直4エンジンはボア×ストローク69.5×105㎜から77.8×105㎜となり2Lへ。さらにシリンダー間に冷却水路を設けるなど大きく改善されている。最高出力は50hp/4000rpmから52hp/4000rpmとその差は僅かなものだが、最大トルクは108Nm/2000rpmから137Nm/1500rpmへと約20%も向上。1957年に追加されたディーゼルもあるが、ガソリンならNox/PM規制も問題なく走りもスムーズだ。4WDシステムはパーマネントからパートタイム式となり、悪路でなければ後輪駆動で走れるメリットもある。80インチ(2,032㎜)から始まったホイールベースも88インチ(2,235㎜)となり、この点もシティユースでは有利に働く。また当個体は2014年頃にヴィンテージ感を損なわない程度にオリジナルパーツを活かして内装、シート、幌、各ゴム類を新品に交換。ホイール、下回り等は再塗装を施している。

About this model
Rover developed its first 4-wheel car in 1904 and business was going well. But a big turning point came after WWII. The British government, looking to earn foreign currency and repair its finances, ordered provisions be made for industries facing steel shortages, particularly those focused on exports. Rover at this time only had passenger cars in its lineup, and was selling them only domestically. With the company’s future at stake, plans for the Land Rover were put forth. Inspiration came from the many jeeps that had played a role in the war. From being used daily transport, they were later put to use as light trucks and tractors. The first Rover was produced in 1948 as just such a multipurpose vehicle. Combining a regular 1.6L straight-4 engine with 4WD, it had a soft-steel frame and body made of surplus aluminum left over from aircraft supplies. Light and mobile, it was an instant hit from the time of its debut. In 1952, a 2L engine was put in it. In 1954, the 80in wheelbase was extended to 86in (extended further to 88 in 1956), and a 5-door body type was added (with a 107in wheelbase). In 1957, a 2L straight-4 diesel engine was added. These models were called the Series 1, while those introduced from 1958 were called the Series 2, and those from 1968 onward the Series 3.

About this vehicle
The Land Rover Series 1, from its birth in 1948 until the company came under the umbrella of British Leyland in 1958, are considered pure Rover. This vehicle is a 1957 Series 1, the last of these early models, and was imported from England by a private buyer in 2005. The big appeal of the final 2-door pickup is perhaps its versatility, reflecting the simplicity of the first model. The 1.6L straight-4 engine was enlarged to 2L, with its bore and stroke increased from 69.5 x 105mm to 77.8 x 105mm. Other major improvements include water cooling lines added between the cylinders. Maximum output went from 50hp/4000rpm to 52hp/4000rpm, and while that may be a small difference, max torque went from 108Nm/2000rpm to 137Nm/1500rpm, a roughly 20% improvement. Diesels were added in 1957, but with a gasoline engine, the car can be driven without worrying about Japan’s Nox/PM restrictions. The 4WD system was changed from full to part time, meaning that unless the road is bad, only the rear wheels are powered. The 80in (2032mm) wheelbase was expanded to 88in (2235mm), which is also good for city driving. In 2014, this car had its upholstery, seats, canvas and rubber parts replaced using original parts, retaining its vintage feel. The wheels and lower area were repainted.

Contact_AUTO DIRECT
Photo_Kosuke ARAI 新井康介
Text_Seiichi NORISHIGE 教重誠一

1957 Land Rover Series1|1957 ランドローバー シリーズ1
Production 1957
Brand Land Rover
Model Series 1 Land Rover 88
Engine 2.0L
Number of cylinders 4
Power 52 hp / 4000rpm
Length 3569mm(3620mm)
Width 1590mm
Height 1800mm(1930mm)
Wheelbase 2235mm
Drive 4×4 part-time
Weight 1243kg
Tire size(F) 600 × 16
Tire size(R) 600 × 16
Price Ask
Contact AUTO DIRECT

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.


1986 Ferrari 328 GTB|1986 フェラーリ 328 GTB

1994 Jaguar XJS V12|1994 ジャガー XJS V12

関連記事

  1. 1994 Land Rover Range Rover Vand…

    モデル概要デビューから10年目となる1980年型を生産する頃、レンジローバーの総生産台数は7万5…

  2. 1962 Jaguar E-Type Series1|1962 …

    モデル概要ジャガーEタイプは1961年から1975年まで長期間に渡り多くのエンスージアストを魅了…

  3. 1965 Jaguar E-Type Series1|1965 …

    モデル概要1961年から1975年まで14年間に及ぶジャガーEタイプのタイムラインは、デビューか…

  4. 1991 Land Rover Range Rover|1991…

    モデル概要通称“クラシックレンジ”と呼ばれる初代レンジローバーは1970年に誕生した。そのコンセ…

  5. 1994 Jaguar XJS V12|1994 ジャガー XJ…

    モデル概要1975年9月。ジャガーはEタイプに変わるモデルとして「XJ-S」を発表した。1961…

PAGE TOP