1959 Volkswagen Type1 Karmann Ghia|1959 フォルクスワーゲン タイプワン カルマンギア


モデル概要
フォクルスワーゲン・カルマンギアは、タイプ1をベースに誕生したスポーツカーである。イタリアを代表する自動車デザイン会社のカロッツェリア・ギア社に所属するLuigi Segreがスタイリングを担当し、ドイツのコーチビルダーとして名を馳せてきたカルマン社がタッグを組んでスタートしたプロジェクトだ。そのプロトタイプは、1953年に開催されたパリ・オートショーで「タイプ14」として初お披露目された。デザインのベースとなったのが流麗なボディラインが特徴的な1953年型クライスラー・D’Eleganceクーペ。ボルトオンでフェンダーを脱着できるタイプ1とは異なり、ハンドウェルディングによるスムースなシェイプを具現化、ハイエンドモデルという価値が備わる車両の誕生となった。ドイツの工場で製造されたタイプ14(1200㏄クーペ)は、1955年の初年度販売台数が1万台を超えるという好調な業績を残した。1957年にはカブリオレが誕生、1959年8月にはモデルチェンジが行われ、ヘッドライの位置やフロントグリル、角テールランプの形状も変更となった。それゆえ初期モデルとなる1959年7月までのモデルを「ローライト」、あるいは「角テール」と呼び、豊潤な曲線美を持つヴィンテージ・カルマンギアを表す愛称として知られている。

個体概要
カルマンギアの初期モデルは1955から1959年8月製造までとされている。ここに紹介するカルマンギアは1958年12月19日に誕生したため、初代モデルの最終型ということになる。出生証明が存在する北米モデルの由緒正しき一台だ。サティフィケートによる北米仕様の詳細は、MPH(マイル表示)スピードメーター、Sealed-Beam ヘッドランプ、ラミネート加工されたウィンドスクリーン、フロアのプロテクト加工、USイクイップメントの6ボルトシステムなど。また、1959年モデルまでに装着された七宝焼きエンブレムも装着されており、純正度の高さが伺える。この個体はアメリカで徹底したレストレーションが施されており、純正色のブリリアントレッドとブラックのコンビネーションのニューペイントに加え、インテリアはWest Coast Classicsが担当。また、ステアリングホイールのレストアの名手で知られるKouch’s でリフィニッシュされ、オリジナルが保たれたブランニューな一台に仕上がった。一方、エンジンはOKRASA製パーツを投入したホップアップエンジンを搭載、36hpから25%アップした45hpを誇り、ドライブフィールに非力さを感じることはない。ボディ・クオリティの高さはもちろん、走ることを意識して仕上げられた貴重なカルマンギアの初期モデル。最後の一台、と考えている人におすすめしたい車両である。

About this model
The Volkswagen Karmann Ghia is a sports car built on the Type 1 base. The project got its start when VW teamed up with Karmann, a German company that had made its name building coaches. Luigi Segre, who belonged to famed Italian car design company Carrozzeria Ghia, was in charge of its styling. The prototype debuted at the 1953 Paris Auto Show as the Type 14. The basis of the design was the flowing body line of the 1953 Chrysler D’Elegance coupe. Unlike the Type 1, with its detachable fenders, hand welding on the Type 14 produced a smooth shape worthy of a high-end model. The Type 14 produced in Germany (the 1200cc coupe) was well-received, selling 10,000 units in its first year 1955. A cabriolet version was introduced in 1957, and in a 1959 revamp, the position of the headlights as well as the shape of the front grill and tail lights were all changed. As a result, early models (those produced until 1959) were called “low lights”, or “square tails”, nicknames that expressed the rich curvilinear beauty of the vintage Karmann Ghia.

About this vehicle
Karmann Ghias produced from 1955 through 1958 are considered early models. The vehicle introduced here was produced on Dec. 19, 1958, so it is among the last of the early models. It is a North American model with proof of production and a proper pedigree. According to the certificate, its finer North American specs include a speedometer in miles per hour, sealed-beam headlights, laminated windshield, floor protectors, and 6-volt U.S. wiring. It also features a redesigned VW emblem seen only in 1958 models, a further indication of its authenticity. This vehicle underwent a thorough restoration in America, was repainted using official colors in a combination of brilliant red and black. West Coast Classics redid the interior. The steering wheel was refinished by the famous Kouch’s, completing a car that looks like it did when it was brand new. The hopped-up engine with Okrasa parts increased its horse power 25%, from 36hp to 45hp, so there is no feeling of a lack of power. This is a priceless early-model Karmann Ghia restored with both body quality and drivability in mind. We can easily recommend this for someone looking for a final car.

※編集部注
当個体は1958年生産ではあるものの、モデルイヤーとしては1959年となるとし、販売元のCAR HOUSEの意向により1959年モデルとして記載しています。このためスペック上の生産年は1958年、車名には1959年と記載しております。

Contact_CAR HOUSE
Photo_Kosuke ARAI 新井康介
Text_Remi KOHARA 小原れみ

1959 Volkswagen Type1 Karmann Ghia|1959 フォルクスワーゲン・タイプワン・カルマンギア
Production 1958
Brand Volkswagen
Model Type-143 Karmann Ghia Coupe
Engine 1.2L with Okurasa Kit
Number of cylinders 4
Power 45hp
Length 4140mm
Width 1634mm
Height 1330mm
Wheelbase 2400mm
Drive Rear
Weight 820kg
Tire size(F) 5.60×15
Tire size(R) 5.60×15
Price 4,980,000 yen (without tax)
Contact CAR HOUSE

Copyright CHRONICLE BOOKS JAPAN CO., LTD. 2017 All rights reserved.


1951 Volkswagen Type 1 Split Sedan|1951 フォルクスワーゲン タイプワン スプリット セダン

1967 Chevrolet Corvette Stingray Convertible|1967 シボレー コルベット スティングレイ コンバーチブル

関連記事

  1. 1973 Porsche 911S|1973 ポルシェ 911S…

    モデル概要1965年からデリバリーが開始されたフラット6搭載の911だが、より高出力の901/0…

  2. 1970 Mercedes-Benz 280SL|1970 メル…

    モデル概要W113型メルセデス・ベンツSLは、190SLの後継モデルとして1963年に誕生。フラ…

  3. 1971 Porsche 911E Targa|1971 ポルシ…

    モデル概要1963年に始まったポルシェ911シリーズの長い歴史は1973年モデルをもって大きな区…

  4. 1958 Volkswagen Type1 Sedan|1958…

    モデル概要質実剛健な大衆車として誕生したフォルクスワーゲン・タイプ1。実用車から趣味性の高い車両…

  5. 1972 Porsche 911T Targa|1972 ポルシ…

    モデル概要通称〝ナロー〟と呼ばれるスマートなボディをもつ911シリーズは、1972年モデルからエ…

  6. 1954 Volkswagen Type1 Sedan|1954…

    モデル概要フォルクスワーゲン・タイプⅠの壮大な構想を現実化するために動き出した1930年代当時、…

  7. 1951 Volkswagen Type 1 Split Sed…

    モデル概要ドイツ語で「大衆車」を意味するフォルクスワーゲン(以下VW)は、1933年ドイツの「国…

  8. 1972 BMW 2002 tii|1972 ビーエムダブリュー…

    モデル概要通称“マルニ”と呼ばれ親しまれるBMW2002は、第二次世界大戦後のBMWが新たなスタ…

PAGE TOP